年齢を感じてしまう目の下のたるみ



花粉症などでかゆいときなどは特に注意


目の下のたるみは見た目年齢がかなり上に見えるようになってしまいます。目の下のたるみは老化現象です。皮膚の乾燥、弾力やハリがなくなってしまうことでたるんでしまうのです。表情筋の衰退も原因です。目の周りの皮膚はとても薄いので、こすりすぎなどは悪化させてしまう原因になります。強くたたいたりしてしまうと組織がダメージを受けてしまいます。 目をこする癖のある方はシワやたるみの原因になることを忘れないようにしましょう。花粉症などでかゆいときなどは、特に注意しましょう。かゆいからと言ってゴシゴシこすることは絶対にしないようにしましょう。気になっても強くこすったりすることはやめましょう。メイクなどの汚れは優しく丁寧にオフするようにしましょう。アイメイクをしっかりしたら、綿棒などを使ってしっかり汚れを落としましょう。汚れを落としたら湿成分の含まれている化粧品で丁寧にケアをしましょう。丁寧に付けないと、目の周りについていないという事になってしまいます。


湘南美容外科 求人

目の周りなど特に意識をして気を付ける事


目の周りなどには、意識をしてつけるようにしましょう。乾燥肌の人は、化粧水の重ね付けをおススメします。アイクリームを優しく付けて乾燥を防ぎましょう。乾燥をさせてしまうとたるみ やすくなってしまいます。頭皮と顔はつながっているので、頭皮のマッサージもしましょう。頭皮から顔の周り残りをほぐし耳の後ろを通ってリンパを流しましょう。テレビなどを見ながら、頭や顔周りを触って痛いと感じるところは詰まっている可能性があります。指の腹でくるくると押して、首に向かって流します。首の前面に流さないように気を付けましょう。気持ちいいくらいの強さで十分です。目の周りのツボを押しましょう。引っ張ったり強く押しすぎたり爪を立てたりこすったりは絶対にやめましょう。顔の体操で表情筋を鍛えましょう。舌を出したり、眼球を回したり左右に動かしたりという事も運動になります。目が疲れていると感じたときには、目の疲れにいいツボを押したり蒸しタオルで目を温めた後に保湿をしっかりしましょう。表情癖もしわやたるみの原因になります。鏡を見て確認をしたり、無意識の癖は家族などに聞いてなおすようにしましょう。寝不足をしないようにしましょう。寝るときには、肌に負担のかからない寝相を心がけましょう。うつ伏せは特に負担がかかります。冷え性にも気を付けましょう。顔がむくみやすい方は代謝を高めたり血行を促進させるようにしましょう。



  1. 花粉症などでかゆいときなどは特に注意
  2. 食事でとれない分をサプリメントで補う
有楽町美容外科クリニック